Strength

当社の特徴

“M&A 後の姿”の共有

一般に、M&Aアドバイザリー業務は取引をクロージングするまでで終了となるため、実行までの近視眼的なサポートになりがちです。他方、M&Aを実行することにより、経営戦略上の制約や役職員の待遇、得意先との取引等に重要な影響を及ぼす可能性があるため、本来あるべきM&Aアドバイザリーの業務とは、M&A後の会社のあるべき姿から逆算して提供されるべきであると考えております。弊社では、実際にM&A全般のサポートから実行後のハンズオン支援までを経験しているPEファンド・M&Aブティック出身者や、財務会計PMIの経験豊富な公認会計士・税理士等の専門家が並走し、“現状”と“M&A後のあるべき姿”とのギャップを埋める最適なソリューションをご提供いたします。

M&A 後のサポート力

弊社グループでは、M&A後の管理体制の強化や株式上場サポート等の実績を多数有しております。M&Aはあくまで手段に過ぎず、事業承継や企業価値向上といった本来の目的を達成することがゴールであるにも関わらず、M&A後のサポートに対応しているアドバイザリーファームは多くはありません。弊社グループでは、M&A実行までの一連のプロセスを通じてクライアント企業様や提携先企業様への理解を深め、目的の達成に向けた最適な統合サポートや上場支援等をご提供いたします。

監査法人・税理士法人系の
アドバイザリーファーム

M&Aや事業承継は、経済条件の調整や資金調達、バリュエーションといった金融的な側面だけでなく、企業結合会計や連結会計、PPAといった会計面、組織再編税制や法人税、所得税といった税務面、総合的な判断に基づくM&Aストラクチャリングなど、様々な分野の論点が複合的に発生する取引となります。他方、多くのM&Aアドバイザリー会社では、効率性を重視して金融業界出身者を中心にメンバーを構成し、その他の分野については外部委託することが一般的です。
弊社では、監査法人や税理士法人、FAS系コンサルティングファーム等をグループ企業に有しているため、金融プロフェッショナルに加えて会計士や税理士等の専門家による適時・適切なサポートをワンストップでご提供することが可能です。

お問い合わせ